長澤重春 能面集

能面集

能面集

翁
小面
若女
近江女
増女
曲見
深井
泥眼
姥
小町老女
山姥
般若
十六
蝉丸
喝食
童子
猩々
痩男
小尉
父尉
天神
橋姫
生成
釣眼
長霊癋見
大癋見
雷

おきな

天下泰平、五穀豊穣などを祈る
「おきな」舞の専用面、切り顎が特徴

小面こおもて

能の女面中最も若い面
「松風」「羽衣」など女の若さと美しさを表現

若女わかおんな

観世流、幽玄能を代表とするシテ面
小面よりやや年長女性の理知的な面

近江女おうみおんな

若い女の中でもやや年かさの表現がある
左源太近江満昌の創作といわれる

孫次郎まごじろう

金剛孫次郎が亡き妻の面影を写したとされる
年長女性の人間味が溢れる

増女ぞうおんな

増阿弥の創作面
「天女」「仙女」などに用いられる

曲見しゃくみ

中年の女性面
「隅田川」「三井寺」などの狂女役に用いられる

深井ふかい

やさしく慈愛がこもり、淋しさや悲しさの美しさと品格を表現した面

泥眼でいがん

般若になる前、の面
怖さと品格を兼ね揃えている

うば

元々は、年老いた女神であったが、生きた老女にも用いられる
「高砂」「絵馬」「卒都婆小町」など

小町老女こまちろうじょ

小野小町の年老いた姿を表す特定面
「卒都婆小町」「檜垣」など

山姥やまんば

「山姥」一曲に用いる専用面
鬼気の充満した山の神秘の象徴

般若はんにゃ

女の嫉妬と怒りを表す鬼面
室町峙代の面打ち師般若坊の創作

十六じゅうろく

十六歳の若さで死んだ「敦盛」の専用面

蝉丸せみまる

盲目のゆえに山に捨てられた皇子
後に僧体となる

喝食かっしき

寺の僧堂で給仕などをする有髪の童子
「自然居士」「花月」など

童子どうじ

永遠の生命を象徴する紳性を帯びた面
「岩船」「大江山」などに用いられる

猩々しょうじょう

水に棲む、酒好きの妖精「猩々」専用面

痩男やせおとこ

穫物を殺生した罪で地獄に落ちた漁師や猟師が前非を悔いて宴土から現れる幽霊に用いられる

小尉こじょう

小牛清光の創作面とされ、尉とは男の老人の面で
尉面の中では最も品格が高いとされる

父尉ちちのじょう

「父尉延命冠者」という特殊演出でシテ役が使う
上品さの中に厳しさがみられる

天神てんじん

一般には天満自在天神(菅原道真の神格化されたもの)

橋姫はしひめ

自を捨て若女と一緒になった夫を恨み
貴船の神に祈り鬼に変身した「鉄輪」の女

生成なまなり

短い角を左右につけている。般若になりきれない鬼面
「鉄輪」の後シテに使われる

釣眼つりまなこ

飛出の類面、目が吊り上がっているのでこの名称がある

長霊癋見ちょうれいべしみ

平安時代の盗賊、熊坂長範を扱った
「熊坂」「烏帽子折」の専用面

大癋見おおべしみ

天狗として使用される
「鞍馬天狗」「善界」「大会」等

いかずち

想像上の雷の具象化云える
「雷電」などの後シテに使われる